カーブ 投げ方 野球ピッチャー上達革命【三井浩二監修】

カーブの投げ方!緩急の差をつけるには最適

カーブの投げ方を知っていますか?

 

カーブは速球との緩急の差をつけるには最適な変化球。
大きな弧を描きながら曲がり落ちるので、バッターのリズムを狂わせたり、決め球にもなります。

 

また、横に曲げたり、縦に落としたりするバリエーションがあり、使い分けることで大きな武器になります。

 

 

そんなカーブの投げ方は、まずボールの握りは、中指を縫い目に沿ってかけ、人差し指を中指にそろえます。

 

親指は立てて縫い目の外側に沿っておきます。中指と親指でボールを挟むこむイメージです。

 

腕の振りとリリーズは、手首を内側に90度曲げた状態で肘を前に出し、ストレートのリリースポイントよりも前でリリースします。

 

 

その際、中指と親指で弾くようにして強いトップスピンをかえると良いです。

 

そのようにすれば、大きな弧を描きながら曲がり落ちる軌道を描き、速球との緩急の差でバッターのタイミングをずらせます。

 

ほとんどの変化球は、ストレートと同じような軌道から、本塁あたりで何かしらの変化をしますが、カーブの場合は、リリースで上方向に抜けてから曲がり落ちるという、最初から異なったボールの軌道を描きます。

 

 

バッターから見れば、ボールが一度浮き上がって落ちてくる感覚なので、大きな軌道と急激に曲がり落ちる質の高いカーブを身につければ、緩急の差をつけながら、バッターの目線を上下に動かして翻弄できます。

 

投球練習の時から、「今投げているカーブはストライクを取るカーブ」「今投げているボールは空振りを取るカーブ」など、ぼールに意味を持たせて練習することが実戦に役立つ投球練習になります。

 

ただし、我流で練習すると、ボールに無理に回転をかけようとして、肘を傷めたりすることもあるので、しっかりカーブの投げ方のお手本を見ながら練習するなど、環境の整った状態で習得を目指していくのが理想です。

 

TOPへ

 

page top