野球ピッチャー上達革命【三井浩二監修】体験レビュー

野球ピッチャー上達革命【三井浩二監修】体験レビュー

野球ピッチャー上達革命の体験レビュー

 

「ボールは速いけどコントロールが悪い…」

 

「制球力をあげてエースになりたい」

 

なんてことありませんか?エースを目指して少年野球をしているうちの子はあります。

 

 

そんなコントロールが悪くて補欠ピッチャーの息子を応援したくて、ネットで見つけた野球DVDをご紹介しますね。

 

野球ピッチャー上達革命〜コントロールを良くする練習法〜
【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二監修】
DVD2枚組
価格:17,600(税込・送料無料)
販売元:株式会社トレンドアクア

 

小学生とはいえレベルがあがってくると、ノーコンで持ち球がストレートだけではエースにはなれない。

 

とは言え、ピッチャーのコントロールはレベルが上がってきても絶えず課題になる部分なので非常に難しい…。

 

やはりプロの投球術を学んだほうが効率よく制球力もあがり、肩や肘を傷めたりせず、将来、伸びしろのあるピッチャーになれるんですよね。

 

 

あなたも、この野球ピッチャー上達革命を見終わった後、すぐに自宅で練習をしたくなりますよ。

 

こちらでは、野球ピッチャー上達革命を息子のために購入したので、どういった練習方法なのかってところを体験を交えてレビューします。

 

>>野球ピッチャー上達革命を今すぐ公式サイトでチェツクする<<

 

 

野球ピッチャー上達革命とはどんなDVD?

まずは野球ピッチャー上達革命はどのようコントロールを良くする練習方法なのか、その内容の一部を下記動画からご覧ください。↓↓

 

野球ピッチャー上達革命というのは、球威があるのにコントロールが悪く、いったいどんな練習方法をすれば制球力があがるのか?

 

インターネットの無料情報や市販本などではわからず悩んでいた私が、「これは効果がある!」と実感したピッチャーのコントロールを良くする事に特化した野球DVDです。

 

野球ピッチャー上達革命の監修者である三井浩二さんは元・埼玉西武ライオンズ1軍投手で、現在は野球教室で多くのピッチャーの制球力をあげていると知り、とても興味を持ちました。

 

 

やはり、プロのピッチャーとして長年培ってきたピッチャーの制球力アップに必要な体の使い方やコツ、正しい練習方法を知ってそれを繰り返すこと。

 

ただ教わるだけでなく自分で学んでいく姿勢を持つことの大切さに気づかされました。

 

野球ピッチャー上達革命は

●四球を減らして、チームに信頼されるピッチャーになりたい
●少年野球、中学や高校でエースとして活躍したい
●近くに良い指導者がいない
●コントロール(制球力)を良くする練習方法が知りたい
●球威を落とさずに狙ったところでストライクが取れるようになりたい
●子供が投手として伸び悩んでいるので何とかしてあげたい
●ピッチャー未経験なので、投球フォームなど子供や教え子に指導できるようになりたい

このような悩みがある方に向けて開発された野球のピッチャーのコントロールにフォーカスしたDVDです。

 

あなたもコントロールが良くなくなれば、単なるストライクじゃなくて、狙ったところでストライクが取れるようになり、試合で勝てるようになりますよ。

 

少年野球のピッチャーの息子がいる私の体験談

野球ピッチャー上達革命の体験談

 

小5になる息子が少年野球のピッチャーをしています。
肩がいいともあり、ライトからピッチャーにコンバートされたようです。

 

6年生になると学童野球の甲子園であるマックの予選がすぐに始まることもあり、背番号決めを行うのですが、エースナンバーの「1」を付けることを目標に本気で頑張っています。

 

ライバルは2人いて、そのかなかでは一番ボールにスピードがある。

 

 

しかし、投げ方がいけないのか、コントロールは全くだダメなんですよね。

 

やはり、チームのエースになるならコントロールだけ気にして球威を犠牲にしては意味がないと思うんです。

 

球威のあるボールをコントロールする技術を身に付けなければならない。

 

 

ピッチングの基本は「しっかり腕を振る」ということ。
腕が振れていないと、球速が落ち、リリースポイントがブレてコントロールも悪くなってしまう…。

 

変化球との緩急もつかなくなって、ますます悪循環に陥ってしまうことになるんですよね。単純そうで奥が深い…。

 

「それをどうやって子供に教えたらいいのか?」
とずっと抱えていた悩みが、この野球ピッチャー上達革命との出会いでスーッと消えていくようでした。

 

野球ピッチャー上達革命の特徴

野球ピッチャー上達革命の特徴

 

野球ピッチャー上達革命を見て、私は次の3つの特徴の大切さに気づかされました。

 

一般では紹介されていない制球力をあげる練習方法
ストレートはもちろん、変化球のコントロールも良くなる
自宅でできる効果的なトレーニング方法もわかる

 

一つひとつ詳しく書いていきますね。

 

 

@一般では紹介されていない制球力をあげる練習方法

 

ネットでコントロールを良くする方法を調べても、下半身を鍛えようとか、ありきたりの情報が多く、あまり息子にあった練習法が見つからないんですよね。

 

実は、野球ピッチャー上達革命の三井浩二さんも、小・中学生時代は補欠ピッチャーだったそうです。

 

そこからプロ野球選手になったわけなので、その生のピッチングノウハウが詰まっているんですね。

 

 

今、コントロールが悪いピッチャーだとしても、安定してストライクが取れるようになり、そして勝てるようになります。

 

三井さんが長年にわたりプロで培ってきたピッチャー上達のポイントが、余すことなくわかるからです。

 

あばたはゼロから始める必要はありません。

 

 

既にある結果が出たノウハウをを利用すれば、ぜロからはじめる必要がなくなり、今のレベルから更に高い場所を目指すことができるようになります。

 

投げ方のちょっしたコツを掴み、コントロールをよくるす体の使い方などのポイントを押さえて練習をするだけ結果に大きな変化があります。

 

仮にその差がわずが1ミリだったとしても、先に進むにつれてその差は、あとから埋めようがないほどの大きなものになっていきます。

 

 

Aストレートはもちろん、変化球のコントロールも良くなる

 

ピッチングは、打者とのタイミングの外し合いなので、レベルがあがるにつれて球威だけでは押さえ込めなくなるはず。

 

だからこそ、球威とコントロールを駆使し、緩急のメリハリをつけるフォームを身につけて試合に臨みたい。

 

中学や高校野球になれなば、ストレートの制球力はもちろん、変化球のコントロールも必要になってきます。

 

 

野球ピッチャー上達革命は、レベルに合わせてチェンジアップやカーブ、スライダー、シュートなどの変化球の正しい投げ方や練習方法もわかるのも良いなって思いました。

 

 

B自宅でできる効果的なトレーニング方法もわかる

 

コントロールを磨くためには、リリースの安定やスムーズな体重移動ができるように正しい投球フォームを身に付けることが必要なんですよね。

 

それには筋力と肩などの可動域がないと実現することができない。

 

まずはこれらを身に付けて、コントロールを磨いていく必要があります。

 

 

とは言え、グラウンドの練習時間には限りがありますし、今はコロナの影響で思うようにピッチング練習も出来ないということも多いと思います。

 

その為、やはり自宅での自習練習は不可欠です。
自宅で、制球力のある投手に不可欠な筋肉を鍛え、かつ柔軟にするトレーニングをしたり、正しい肘の使い方を習得することも必要です。

 

また、ピッチャーは土台となる下半身が大事なと良く言われますが、単に走り込みだけに頼っていても効率が悪いだけ!

 

 

ストレッチと組み合わせてトレーニングを行うと、効果が2倍3倍にもなる。

 

プロは「このようにして投球練習前に肩を動きやすくしたり、股関節のストレッチをして下半身強化をしているんだ!」と改めてその重要さに気づかされました。

 

>>野球ピッチャー上達革命を公式サイトで詳しくみる<<

 

野球ピッチャー上達革命の内容

>野球ピッチャー上達革命の内容

 

野球ピッチャー上達革命を公式サイトの通販で実際に買って、DVDを見てみました。

 

私が住んでいるのは岡山市なので、インフォトップの公式サイトで注文してから、休みを挟んで3日ほどでポストに投函しありました。(配送はクロネコDM便)

 

以下が、野球ピッチング上達革命の収録内容(目次)です。

 

Disc1 Disc2

■投球フォーム(基本)
・ボールの握り方
・軸足の位置
・立った時の姿勢
・下半身の使い方
・グローブの出し方
・投げる方の肘
・体の軸の位置
・立ち方のコツ
・踏み込む足の位置
・足のあげ方
・ヒップファースト 後の足の使い方

 

■投球フォーム(応用)
・肩甲骨を意識した投球
・力を入れない足のあげ方
・振り切ったあとの腕
・投球時の視線
・ブローブの中の指の動き

 

■クイック
・クイックのコツ
・クイック(頭の位置)
・クイック(グローブの位置)

 

■体重移動の練習
・前後
・左右
・膝をついて
・ボールを使った練習(ノーステップ)
・ボールを使った練習(ターン)

■投球フォームの練習
・軸足にのる練習(ジャンプ)
・軸足にのる練習(ターン)
・肩が開かないようにする練習
・踏み出した足に体重を乗せる練習@A

 

■肘の使い方
・コップを用いた練習
・ベースを用いた練習
・横になった状態での練習
・壁を用いた練習

 

■牽制球
・一塁
・二塁
・三塁

 

■フィールディング

 

■変化球
・カーブ
・スライダー
・シュート
・チェンジアップ

 

■投手に必要なストレッチ
・肩のストレッチ
・バットを用いたストレッチ
・股関節のストレッチ(立った状態、座った状態)

 

野球ピッチャー上達革命」は、投げ方の基本から応用、体重移動、 クイック、フォームやうまく投げるコツが理解しやすく、さらにはボールの握り方まで解説されています。

 

購入前はどちらかというと高校野球などのレベルが高いピッチャー向けの教材かと思っていたんですが、ボールの握り方から始まって、だんだんステップアップしていって、少年野球から高校、社会人レベルまで通用することがしっかり学べるんですよ。

 

三井さんの実演でのDVDの映像での動作と説明なので、小学生でも、親の私がみてもとてもわかりやすかったです。

 

 

これなら中学や高校野球のピッチャーの指導にも使えるなって思いました。

 

ただ、市販本などに比べて値段が高いのがデメリットだと思います。

 

ですが、この野球ピッチング上達革命は、プロで結果が出たものを厳選し、その経験と知識、スキルをまとめあげた内容。

 

 

元プロ野球のピッチャーである三井さんが講師を務める入間野球道場で、個別指導を10万円以上かけて参加する人もいるほどのプロのノウハウ。

 

ピッチングを上達させるために必要な事全てが、詳しく説明されているまさに秘伝のDVD。

 

しかも、半年間の三井さんの回数無制限の個別メールサポートや返金保証もついてるのも安心感がありました。

 

 

うちの息子は、中学、高校に行ってもピッチャーを続けたいといっているので、親としては子供を応援してやりたいので購入して本当に良かったと思っています。

 

やはり、子供が試合で活躍している姿を見るのは親としては嬉しいですね。

 

ピッチング上達革命の口コミ

ピッチング上達革命の口コミ

 

実際、ピッチング上達革命には次のような口コミが公式ページにありました。

 

(高橋さま / 中学生)

僕は、小学校3年生から野球を始め、中学では、硬式野球のクラブチームに所属しています。小学校の頃から、 色々なポジションを経験してきましたが、ピッチャーはやったことがありません。 しかし、三井浩二さんのDVDを見て、ピッチャーというポジションに興味を持ちました。

 

例えば、「踏み込む足の位置」や「足のあげ方」、「振り切った後の腕」などの項目ごとに分け、ピッチャーのフォームについて解説してくれています。

 

このDVDの大きな特長は、三井さんご本人が正しいフォームについて、悪い例を織り交ぜながら分かりやすく実演しているところです。

 

また、中には、「グローブの中の動き」など、普段はあまり意識しないことについても、具体的に解説されていて、ピッチャーについて深く知ることができました。

 

このDVDを見て、ピッチャーの経験が無い僕も、ピッチャーができそうな気がしました。

 

ピッチャーを目指す子どもから大人まで、たくさんの人にぜひ見てもらいたいDVDです。

 

引用元:ピッチング上達革命の公式サイト

 

野球ピッチャー上達革命の販売店の最安値は?

野球ピッチャー上達革命の販売店の最安値

 

野球ピッチャー上達革命の販売店の最安値はどこなのか調べてみした。

 

野球ピッチャー上達革命は通販限定の商品なので、市販では販売されていません。

 

通販サイトだと、楽天やアマゾン、ヤフーショッピングでも購入することができますが、結論から言えばインフォトップが最安値です。

 

 

価格が税込で17,600円(送料無料)だからです。私もここで購入しています。

 

楽天とアマゾンでは、野球ピッチャー上達革命の価格が18,800円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで19,148円(税込・送料無料)です。

 

楽天でレビューを書いて500円引きになったとしても18,300円です。
なので、インフォトップで購入すると700円から1.548円ほど安く購入できそうです。

 

 

楽天やアマゾン等で購入するのもいいですが、最安値で少しでもお得に購入するならインフォトップがおすすめです。

 

まとめ

野球ピッチャー上達革命の体験レビューまとめ

 

三井浩二さん監修の野球ピッチャー上達革命を実践すれば、コントロールが悪く四球が多いピッチャーでも、短期間で大事な場面で安定してストライクが取れるようになり、チームから信頼されるエースになることが期待できます。

 

何故なら、プロのピッチャーとして長年培ってきた制球力アップに必要な体の使い方やコツ、正しい練習方法、効率的に上達できるトレーニングがわかるからです。

 

速い球を投げられる才能があるのに、コントロールが悪くて試合で使いずらいピッチャーは多くいます。

 

 

特に左投手に多く見られるような気がします。本当にもったいない…。
三井さんも左ピッチャーで中学、高校と補欠からプロの一流投手までになれ方なので、良いお手本にもなると思います。

 

そして、制球力が良くなれば今のあなたのピッチングの幅が広がり、今まで以上に試合で勝てるようになるという事です。

 

ただ、残念ですが今のままの練習では制球力はあがりません。
これは私の息子をみてきて言えることなんですね。

 

 

だけど、ちょっとこうすれば、とたんにコントロールのいいピッチャーに生まれ変わります。

 

野球ピッチャー上達革命を本気で実践すれば、圧倒的時間短縮をしながら、チームから信頼されるエースになれるのも夢ではなくなるはず。

 

才能やセンスがないとか、体が小さい、教えてくれる良い指導者がいないからとあきらめる前に野球ピッチャー上達革命で、安定してストライクがとれる勝てる投手になりませんか?

 

\今なら180日間回数無制限の個別メールサポート&返金保証付き/

更新履歴
page top